ホーム

Erik Laxman

1737-1796

Nulla dies sine linea

1737年サヴォンリンナに生まれたエリック・ラクスマンは植物、シベリアの気候、鉱物を研究し、ガラスの製造技術の発展に寄与し、地域の民俗を調査しました。ラクスマンは当時の名だたる研究者たちと温度計測と蒸気動力の利用の可能性について議論しました。彼はシベリアの地理を調査し、またロシア帝国と日本との最初の関係構築において大きな役割を果たしました。彼はロシア帝国サンクトぺテルブルグ科学アカデミーの教授であり、スウェーデン王立科学アカデミーの会員、そしてルーテル派の牧師でもありました。

最新記事